北九州市 時と風の博物館

日常の中で見過ごされがちな北九州市が誇るべき魅力や個性を、地域資源として私たち自身で編纂し、未来へ繋げましょう。

現在の登録件数

3558

冬のどんよりした鉛色の関門海峡に浮かぶリーガロイヤルホテルのシルエットが・・

関門海峡に浮かぶ小倉市街地と皿倉山

皿倉山に沈み始めた夕日と海岸を散歩する人
サンセットと小倉の市街地。高いビルと煙突は小倉のシンボルに
門司駅北口から5分ほど、国道199号線の信号を渡ると関門海峡が一望できる公園が広がっている。対岸の下関彦島も目の前だ。
私はこの公園のそばにあるスーパー銭湯「もじ楽の湯」にたまに出かける。スーパー銭湯で体を癒し、くつろぐと同時に、関門海峡に浮かぶ小倉市街地と皿倉山を眺めるのが目的だ。
スーパー銭湯の露天風呂は2階にあり、裸で見られる関門海峡はここだけだろう。そして、北東に目をやれば、関門海峡を望み、西に目をやれば、まさに関門海峡に浮かぶ小倉の市街地と皿倉山が眺望できる。その眺望は朝・昼・夜,そして季節で表情を変える。
私一人が悦になっているだけではもったいない。