北九州市 時と風の博物館

日常の中で見過ごされがちな北九州市が誇るべき魅力や個性を、地域資源として私たち自身で編纂し、未来へ繋げましょう。

現在の登録件数

3553

高炉台公園に咲く梅

平成26年2月の冷え込みが厳しいある日。
梅の開花が気になるとともに、
それを見て、こころを温めたいとの思いが増してきたので、
梅の木があるかどうかわからないものの、
八幡東区にある高炉台公園を訪れることにしました。
入口からループして上に伸びる階段をゆっくりあがると、
高炉のモニュメントが少しずつ近づいてきます。
段を登り終えると冷たい風に吹かれ、思わず、ぶるぶる・・。
周囲を見渡してみると、
目立つ場所に堂々と花を咲かせている大きな梅の木が、
視界に飛び込んできました。
木があったことと、薄いピンクの花が咲いていたことに、
宝物を探し当てたような、うれしい気持ちになり、
近寄って、眺めていると、どこからともなく、
“ピーピー”、“チーチー”といった音が聞こえてきました。
この音は、なんの音かなと思って、上を見上げると、
大きな木の枝に2羽の“メジロ”がじゃれ合っていました。
くっついたかと思えば、すぐに離れ、追っかけっこ。
この木から飛び立った後、しばらくすると再びその姿が・・。
自然いっぱいの森に囲まれたこの公園では、
野鳥たちに“恋”の季節が、到来しているように感じました。