北九州市 時と風の博物館

日常の中で見過ごされがちな北九州市が誇るべき魅力や個性を、地域資源として私たち自身で編纂し、未来へ繋げましょう。

現在の登録件数

3558

水辺の里のつつじ

つつじの季節

川の辺のつつじ
曇り空の下で鮮やかに
則松の金山川のチューリップはほとんど花弁が散ってしまいましたが、今はつつじの季節。色合い鮮やかに金山川を彩っています。春から夏へと向かう途中ですが、気温は初夏のようになってきました。川の辺を歩いてくると少しずつ汗ばんできます。つつじの花弁には水滴がついて、つつじも汗を掻いたのかな?なんて思いましたが、今日は雨が降って、雨の水滴が曇り空の薄い光を輝かせていたのでした。
盆栽用として久留米地方で栽培が盛んで、苗木を海外まで輸出し有名であることから福岡県の木として選ばれたようです。国内では道路の植え込みなどでよく見かけます。その花がこの時期一斉に咲いて街並みを飾っています。
北九州では、公園や公共施設、緑化等に多く植えられて、市民に親しまれ、かわいがられています。