北九州市 時と風の博物館

日常の中で見過ごされがちな北九州市が誇るべき魅力や個性を、地域資源として私たち自身で編纂し、未来へ繋げましょう。

現在の登録件数

3553

山に「羊」の群れ?

平尾台

ススキと石の「羊」
平尾台の紅葉
小倉南区の平尾台は有名なカルスト地形です。
この界隈は標高は370~710mの山々で小倉南区、苅田町、みやこ町、行橋市や田川の香春町にまたがる広大な地形となっています。
気の遠くなるような数億年も前にこの地形が形成されたといわれており、日本有数のカルスト台地であり、国の天然記念物とされています。
ピクナルと呼ばれる丸みを帯びた石塔が、山に群れている羊のように見えることから、羊群原(ようぐんばる)と呼ばれています。
無数の「羊」が山に群れているように見えます。
秋のこの時期ははススキが風に靡き、「手」を振って、山の「羊」を招いているような錯覚をします。